« 役者の存在、裏方の必要性 | トップページ | ただ直向きに »

2011年6月27日 (月)

滔々と、さらさらと【水城ゆう出演情報】

ども、コエです。

 

コエキカクに、そしてコエのロードクになくてはならない存在、

水城ゆうさんの出演情報です。

 

朗読劇「レクイエム・幻のエレンディラ」

日時 2011年7月22日(金) 19:00開演
場所 IMYホール(名古屋・千種)
料金 2,500円

原作=ガルシア・マルケス
訳=加藤登
構成・演出=深澤伸友
出演 ピアノ 水城ゆう   
朗読  榊原忠美、可児良友、樋口大介、柴田真祐  

 

名古屋の劇団クセックACTによる加藤登氏追悼公演です。

加藤登氏は「エレンディラ」の訳者(原作はG・マルケス)であり、

この上演台本をもとに企画されたものの、昨年2月にメキシコ・シティにて亡くなられました。

彼が帰国していたら演出していたであろう作品「エレンディラ」を

今回、実弟である加藤明氏の音響と制作により、朗読劇という形で追悼公演が決まりました。

水城さんは音楽・ピアノ演奏で参加されます。

 

名古屋近郊の方はぜひ行ってみてください。

骨太な、そして独特の舞台の美しさに魅了されます。

 

劇団クセックACTのウェブサイトから予約申し込みができます。

 

多彩な水城ゆうさんの様々な活動はブログでも報告があるはずですよwink

水城ゆうブログ「水の反映」…http://juicylab.blogspot.com/

« 役者の存在、裏方の必要性 | トップページ | ただ直向きに »

出演者のコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497656/40579508

この記事へのトラックバック一覧です: 滔々と、さらさらと【水城ゆう出演情報】:

« 役者の存在、裏方の必要性 | トップページ | ただ直向きに »