日記・コラム・つぶやき

2011年6月28日 (火)

ただ直向きに

ども、コエです。

  

夏の暑さには困っていますが、この人の熱さは大歓迎!なヒト、

それが桂米紫さんです。

 

落語への愛情がしっかり伝わってくる熱き語り手。

初めて米紫さん(当時は都んぼさん)の落語を聞いた時から

今現在も、ずっと変わらない印象です。

コエ、きっと最初にこの人の寄席に行ったから、落語が好きになったんだと思いますshine

(そして若干、アングラ好きな感じがコエは共感しますcatface

 

今回の労読イベントでは、その愛情深くテンポの良い語り口を導入に、

(そう、まるで落語のマクラのように!)お客様の気持ちを掴み、

読み進めていくという技を見せてくれました。

 

今回は、自作自読(?)のロードクが昼夜それぞれ2作もあって、

なんだか白昼夢のような、クスリと、或いはニヤリと笑いたくなる、

ちょっと不思議でシニカルな「米紫ワールド」が垣間見れました。

コレ、とっても貴重だと思います!

  

米紫さんの落語は、酸いも甘いも噛みわけた故の(!?)、愛も技術も備えています。

ご自分とご自分の芸に関してはとても厳しいのかもしれませんが、

他の方への思いやりは忘れない上にとても頼りになる、そんな素敵な方です。

 

是非一度、桂米紫さんの落語会に足を運んでみてください。

きっと落語が好きになると思いますよ。

時々(!?)ブログで告知されているので、こちらもチェックしてみてください。

 

桂米紫ブログ「桂米紫の独り言」…http://blog.livedoor.jp/kome_murasaki/

あ、たまに自作のオハナシを書いてらっしゃいますよpencil

2011年6月26日 (日)

役者の存在、裏方の必要性

ども、コエです。

ご無沙汰しています。

しばらく書き込みしていませんでした。

暑さに負けていました…すみませんsweat01 

 

さて、出演者の方々はコエがあえて言うまでもなく

みんな「表現する」方々です。

 

前回に引き続き出演してくださった宇野伸茂さんも勿論のこと。

 

宇野さんは、コエキカクでは割とハジケた感じが印象強いんですが

抑えた芝居も素晴らしいのです。

 

以前、コエがみに行った宇野さん出演の舞台も、

陰のある男(青年)の役でした。またこれがカッコヨカッタのです。

男前なのに、こんな役もあんなハジケ方も出来るなんてずるいbearing

 

なので、今回も是非出演して欲しかったのです。

役者・宇野さんの魅力を、前回見られなかった方々にもオシラセしたかったのです。

    

今回のイベントでも、コエがうっかりしていたいろんなことをフォローしてくださり、

アドバイスや提案をくださり、なんと衣装も小道具もほぼ自前…

(そう、あのミュージカル朗読の衣装もアタマに刺さっていたあの小道具も、

さらにはあのキュー○ンばりのポージングが繰り広げられたあの作品の演出も!!)

ありがたすぎて、足向けて眠れないですcrying

(舞台裏で慌てて撮った写メはブレてて載せられず…

案の定というかなんというか…すみません!)

  

ぜひ今後とも「宇野伸茂」さんのお名前を見つけたらチェックしてください!

 

宇野伸茂ブログ「ウノ0312」…http://uno-ixblog.seesaa.net/

 

そして、いつもニコヤカな宣伝美術家TOMさん、

彼もまた見事にこのイベントを表現したチラシを作ってくださいました。

 

「朗読だから本のようなチラシを」というのはTOMさんの発案です。

コエからの希望は

「ポストカードサイズで、普段出来なさそうなことを折角だから試してみてください」

ということくらい。

あとはほとんどTOMさんが考えて、提案して、作ってくれました。

(なぜポストカードサイズを希望したかというと、

突然もらってもあまり邪魔にならない大きさかなぁとcoldsweats01

でも、芝居のチラシとは違うモノにしたかったので、アレコレ細工はして欲しかったのです。

そしてTOMさんは、そんなチラシを楽しんで作ってくれそうだったのです。)

 

bookだからオビ作っちゃいましょう、せっかくだから推薦文も頼んでそれらしく…とか、

芝居チラシのような普通の裏表両面でなく、どんどん開いていけるものに、

じゃあせっかくだから開いた裏側をポスター状に、というのもTOMさんの案です。

 

ふんわりやんわりした雰囲気のまま、

「こんなんどうでしょう」

「たとえばこんなのとか」

とか、どんどん思ってもみなかったデザインが彼の懐から出てきました。

素敵過ぎて、コエはただ「あ、じゃあソレでnote」「やっちゃいましょうnotes」と言っているだけcoldsweats01

 

そうして「イベントひと月前!」というギリギリに出来上がったチラシはやはり大好評で、

イベントに来られないという方にもあちこちで配り過ぎ、

その分、早々とチラシがなくなりかけるという事態に…sweat01

でも本当に自慢のチラシになりました。

いや、コエがエラい訳ではまったくないのですがcoldsweats01

 

見事に「労読イベント」を表現してくれたTOMさん、

現在もいろんな舞台のチラシを制作中です。

そんな彼の様子はブログで、そして彼の作品でもある芝居チラシで是非ご覧ください!

 

美術宣伝家TOMのブログ[1000‐B]…http://blog.goo.ne.jp/1000b

 

ちなみにイベント当日、TOMさんには受付誘導もしてくれました。

(あと、本番中、効果音のラジカセ操作も!)

TOMさん、本当にありがとうございますshine

 

入口で傘rainの整理をしてくださった杉原さんもありがとうございました!

「気を遣う」のではなく、「気を効かせる」というのはこういうことかと

そしてそれが自然にできるというのはとても素晴らしいと

当日オロオロするしかできなかったコエはしみじみ思ったのです。

 

暑苦しい日が続きますが

みなさまも熱中症にならないよう、気を付けてくださいね。

ではではまたnote

2011年6月18日 (土)

さあ、みんなで♪【石田アキラ出演情報】

ども、コエです。

 

雨、降りますねrain

イベント当日も雨が降りました。

  

Rainせめて和むかしら、と、コエ、

ウチにあったカエルのカサを

天劇キネマトロン入口に置いてみました。

 

(※この写真はイメージです。

当日は写メ撮り忘れたのでcoldsweats01

 

夕方からが特に大降りになってきたのですが

ご予約のお客様ほとんどがお見えになり、とても嬉しかったです。

雨の中のご来場、本当にありがとうございました!

 

さて。

会場に入ると聞こえていた曲、

そして始まりの労読から続いての歌、

さらには、予告映像でも歌っていた歌、

みなさまご記憶でしょうか?

 

その歌はなんと!

石田アキラさん作詞作曲「我ら♪労読組合」だったのです!!

http://www.youtube.com/watch?v=TIdLLOrG6JY&NR=1(予告映像はコチラ)

http://www.youtube.com/watch?v=CjN2NE1l2qw(コチラがイベント当日流れていた映像)

  

ちなみにの可愛い映像と予告映像製作も石田アキラさん、

そして、インストゥルメンタル曲を作ってくれたのは

劇団「激富」のウッチーこと内村哲哉さん。

大阪組の出演者がアカペラで歌ったものをきいて作ってくれましたnote

 

この曲は歌っていくうちにコエもどんどん好きになって

帰り道、気づくとよく口ずさんでいました。

元気になる、素敵な歌です。

歌詞も結構深いですconfident

これは今後、労読組合のテーマソングとして歌い継がねばなりませんね♪

 

そうそう、今回ほとんどの労読作品は石田アキラさんの書いてくださったものなのですが

最後のミュージカル朗読「人喰いアメーバとの恋」の中の歌も

石田アキラさんが作詞作曲してくださったんですよ♪

 

こんなにも多彩で、人を元気にしてくれるものを日々作っている石田アキラさんの

これからの出演予定は…

 

7月23日(土)~25日(月)大阪・一心寺シアター倶楽協力公演

「ほたるが丘夏祭り」

芝居にバザーに…盆踊りまであるという、まさに夏祭り好きにはたまりませんね。

詳細・予約などはコチラ↓

くすくすラボ研究…http://blog.livedoor.jp/kusukususrabo/

 

11月11日(金)~13日(日)大阪・ABCホール

激富2011年度本公演「夏嵐~げらん~」(全5回)

染谷有香さんも出演しますよ!

激富ホームページ…http://www.gekitong.net/

 

コチラ↓もぜひチェック!

A.I.FILMs通信…http://blog.livedoor.jp/aifilms/

 

「我ら♪労読組合」、皆さんもぜひ歌ってくださいね。

歌詞も載っていますよhappy02

http://www.youtube.com/watch?v=CjN2NE1l2qw

2011年6月11日 (土)

行ってきます~♪

ども、コエです。

本日、アップルストア心斎橋にて、

『iPhoneで撮影&PV生編集トークナイト』が開催されます。

 

出演は宍戸留美さん、副島新五さん、

昨年、宍戸留美さんの妹コンテストでグランプリを受賞した蝦名恵さん、

さらには準グランプリを受賞したコトネちゃん、

そしてやはり外せないこの方、石田アキラさん!

 

明日の「一日一善!!労読組合」に出演する方が沢山!!

 

タイトル通り、iPhoneで撮影した素材をトークを交えながらその場で生編集movie

イベントの間に宍戸留美さんの音楽PVを作って、

なんとYouTubeにアップしちゃおうというという…shine

 
しかも、PVの映像素材も今日、iPhoneを使って心斎橋周辺で撮影しているという…

まさに撮って出しの、取って置きの企画ですnote

 

撮影時間、つまり、イベント開催時間は18時半~20時。

さてさて、 留美さんの音楽PVはイベントの間に完成するか!?

そして、どんな音楽PVが出来上がるのか!?

これはコエもみに行かねばhappy02

 

もうすぐで始まっちゃうのですが、ご観覧無料ということなので、

お近くの方、間に合いそうな方はぜひご一緒にnotes

 

ではでは、行ってきます~!

 

アップルストア心斎橋… http://www.apple.com/jp/retail/shinsaibashi/

2011年6月10日 (金)

コトバのコトハ

ども、コエです。

少し前のことになりますが、

歌人・穂村弘さんのトークショー(?)に行ってきました。

穂村さん、大好きなのですheart04

 

穂村さんの短歌や御本の中には、

忘れかけていた言葉と感情のあわいを

ふわふわ掬い取って、そうっと手のひらにのせて

「ああ、それはそうだったのだ」と思い出させてくれる

優しさと切なさがあるような気がするのです。

 

…抽象的な例えですねsweat01

 

でも、散文や小説に比べ

5・7・5・7・7であらわそうとするする短歌は伝えたいことを凝縮していて、

まるでダイヤモンドのように純度を高くしてそこに存在し、

きらきらと切なく輝いて見えるときがあるのですshine

 

今回のトークショー(講演会?)でも

穂村さんや他の歌人、一般の短歌コーナーへの投稿者の歌が読み上げられ、

それらをみんなで味わいながら進んでいきました。

 

どれも言葉の選び方、

平仮名か漢字かカタカナ、或いは敢えて外国語かの選択、

改行の意図、

それらを考え抜いて作られていて、結果

書かないことでより浮かび上がるものがはっきりとわかるという、

とてもシンプルで高度なコミュニケーション方法だと気づきました。

 

コエにはフツーのコミュニケーション方法すらまだ難しいけれど、

ふと口をついて出る短い歌をいつかきっと…と密かに思ったりもします。

 

さて、そんなコエの2度目の約2年ぶりのコエキカク。

お陰様で、予約でかなりお席が埋まってきました。

ありがたいことですcatface

 

ただ、ひょっとしたら開演ギリギリにいらした方が

立ち見になってしまうかも…と思うとハラハラおろおろしてしまいます。

あああ…嬉しいけど切ないweep

 

ええと、明日までご予約は受け付けています。

出来る限り予約してくださった方のお席は確保します。

たくさんの方に来て欲しいから。

 

ただ、ひょっとしたら立ち見になってしまう方が出てくるかもしれません。

どうか、どうか、ご了承ください。

 

ご予約はryou.kubo@gmail.comまで、

ご希望のお時間とお名前、ご連絡先などをお願いいたします。

 

楽しんでもらえるよう、うんうん唸っているコエでした。

では、おやすみなさいnight

2011年6月 6日 (月)

道案内のコト

ども、コエです。

 

さてさて、そろそろ日が近づいてきましたね~。

今日は会場までの道のり案内をば。

 

Nakazakityo1 地下鉄谷町線中崎町から起こしの方はまず、

改札を出てください。

改札はひとつです。

 

 

 

 

Nakazakityo2 改札を出たら右手へ。

 

 

 

 

 

 

Nakazakityo3 しばらく進むと、4番出口の案内板が見えてきます。

(その手前にエレベーターの通路もあります。

大きな荷物をお持ちの方などはこちらを利用してもok

 

 

 

 

Nakazakityo4 4番出口への階段はこの先。

 

 

 

 

 

 

Nakazakityo5_2 4番出口の階段を上がると地上!

左手にJRの高架線路が見えます。

 

 

 

 

 

Nakazakityo6 最初の角を右へ。

交差点は渡りません。

右に曲がります。

 

 

 

 

Nakazakityo7 しばらく歩くと(1分もないくらいです)

右手にこんな建物が。

 

 

 

 

 

Nakazakityo8 その角を右に曲がると

会場の天劇キネマトロンですmovie

 

そう、さっきの建物がコレ!

まんなかの白い扉が入口です。

当日はこの白い扉が開いていますのでご安心をshine

 

こじんまりとしたところですが、

もとは印刷工場だったということもあり、懐かしい空間です。

おもわずコエはその懐かしさに

あちこち触ってしまいたくなりますsweat01

ぜひ当日はこの空間を含めて体感してください!

  

ご来場、お待ちしていますshine

 

天劇キネマトロン…http://amanto.jp/groups/tengeki

2011年5月30日 (月)

いつかきっとのコト

ども、コエです。

先日、ファッションショーイベントに行ってきました。

 

全席自由でしたが、早めに並んで待っていたので

ゲストミュージシャンのライブや雅楽の生演奏、洋服と和装のコレクションを

かなり間近で見ることが出来、とても楽しい時間でした。

 

夜遅く始まったショーは、音楽や照明の演出も相まって

優雅で優美で、なんだか夢を見ているかのような

それはそれは幻想的な空間でしたnight

 

中でも素晴らしかったのは和装のファッションショー。

着物作家さんの作品は、目の覚めるような色合いや柄の大胆さ、或いは繊細さで

もうため息すらつけない美しさ。

コエはただただ、食い入るように見ていました。

  

しかしなにより印象的だったのはモデルさんの所作!

流れるような目線や小物を扱うときの仕草がとても美しいのです。

勿論、ウォーキングしている時も、体の向きを変える時もブレない体の軸。

それはまるで水の上をすいすいと進む仙女のよう…まさに眼福眼福catface 

 

さて翻って。

コエも時々、普段着のひとつとして和服を着ます。

だから今回、着物と帯と小物の合わせ方、帯の結び方などは本当に勉強になりました。

…といっても、流石にこんな素晴らしいものは持っていませんがcoldsweats01

 

時々、仕事場にも和服で行くことがあります。

キモノ歴5年ほどのまだまだヒヨッコですが、

なんとか自分ひとりで着られるようになったので着易くなったのと

慣れてくると、場合によっては洋服よりも体に優しいことが主な理由です。

 

がしかし、「今日はなんのコスプレ?」と聞かれてしまうのですね。

コレってきっと、コエが服に着られている、ということもあると思うのです。

(あと、いろんなイメージの服を着ているということもあるのでしょうがsweat01

 

でも、ちゃんと着こなして、内面から相応しい雰囲気が出ていれば

きっとそんなこともない気もするのです。

 

…やっぱりまだまだキモノに合う貫禄や度量がないのかなぁ…うむむ。

 

いやでも、これからもコエは和服を着ます!

ひらひらした服も黒ずくめのふんわりした洋服も!

(さすがに似合わないと思ったら着るのをやめますがsweat01

 

せめて心意気だけは大切に、日々精進して。

そしたらきっといつか「着こなせる」ようになると思うのです。

いまは無理でもいつかきっと。

 

勿論、イベントも楽しくなるように精進します!!

てな訳で、ぜひみにきてくださいconfident

2011年5月29日 (日)

水城ゆうチャンネルはじまりました!

ども、コエです。

 

今回のコエキカク出演者のひとり、水城ゆうさんが

Ustreamを使ったストリーミング生番組

「水城ゆうチャンネル」を始められました。

http://www.ustream.tv/recorded/14979983

 

ほぼ毎日、朝10時から生放送するそうです。

トーク、朗読、ワークショップの中継などイロイロ

そのときの彼の周りのことも含めて発信していくとのコト。

ぜひ視聴してみてください。

 

録画もしているそうなので、

お仕事中の人もお寝坊さんも後からでも見られますよnote

…って、寝坊助はコエだけかcoldsweats01

  

ちなみに第1回目・第2回目はコエも出演していますcatface

よろしくです~clock

2011年5月26日 (木)

近々。

ども、コエです。

 

今度は水城ゆうさんにお願いして、宣伝映像を撮ってもらってきましたmovie

近々アップしてもらうので、出来たらまたお知らせしますねcatface

 

時々、YouTubeで「YouBunko」という番組に出させてもらっていたのですが

今回もそれをお願いしようと、水城ゆうさんのところに向かったコエ。

 

「YouBunko」は基本的に「朗読」と「トーク」で前後編構成されています。

アイ文庫の作るYouTube映像だから「YouBunko」。

覚えやすいでしょ? 

 

朗読は主に著作権の切れた文学作品、もしくは水城ゆうさんの書いた「水色文庫」の作品を読みbook

トークはゆるゆると、あるいはだらだらと(笑)

出演者の個性がよく出ている不定期発信番組ですconfident 

 

せっかくなので、

今回、水城ゆうさんと久しぶりに世間話なども。

  

先月、すれ違いのようにお会いしたのですがcoldsweats01

最近なかなかちゃんとお話できなかったし…と思い、

今回は一日空けてお会いしに行きました。

  

朗読とトークの収録、労読組合の打ち合わせを終えて

時間を決めずに過ごす、古民家の縁側での時間。

Tree

久しぶりに、本当にいろんなことを話して

日々の濁りみたいなものが剥がれ落ちた気もしました。

水城さん、ありがとうございますheart04

 

オマケに夜にはジャズピアニストの方と

飛び入りで朗読セッションをさせてもらったり。

楽しい一日を過ごしたので、また気を引き締めて精進しますangry

 

あと二週間ほどでイベント当日…どんなものになるのか

コエも楽しみにしています。

ぜひみに来てくださいshine

 

水色文庫…http://mizro.blogspot.com/

水城ゆうブログ…http://juicylab.blogspot.com/

2011年5月25日 (水)

朱夏ノコト

ども、コエです。

気づけばまもなく6月になりそうなこの頃…早いものです。

きっと6月に入るとすぐにイベント当日!になるのでしょうね。

あわわ…まだ遣り残したことがいっぱい…頑張りますsweat01

 

先日会場に行くとチラシが少なくなっていました。

中に入ってすぐの棚にひっそり置いてもらっていたのですが

枚数が減っていたので少し安心。

また追加で何枚か置いてもらってきました。

…みんなもらっていってくれているのかな…

うん、きっとそうに違いない!

有難いことですshine

 

ちなみに、会場の一部でもあるカフェ&バーの朱夏は

天劇キネマトロンに併設されている(若しくは逆?)

こじんまりとした、けれど居心地のよい空間です。

Cinema  

この写真は扉が閉まっていますが、

営業中は開いています。

その入り口を入ると…

Syuka1 かつては印刷工場だったそうで…

 

 

 

 

 

Syuka2  

左手途中に扉があり、 

そこを開けて 

奥に進むと朱夏です!

 

  

 

Syuka5_2 飲み物も種類いっぱいです shine

 

 

 

 

Syuka6 アルコオルもありますwine

 

食べ物はその日の店主によって

多少変わるようですが

これまた美味しいですhappy02

 

 

よければ一度足を運んでみてください。

勿論、イベント当日も是非shine

 

朱夏…http://amanto.jp/index.php/groups/shuka/

天劇キネマトロン…http://amanto.jp/groups/tengeki

 

 

 

より以前の記事一覧