出演者のコト

2011年6月29日 (水)

スゴイプロジェクト【宍戸留美情報】

ども、コエです。

 

宍戸留美さんが新しくユニットを結成しましたよshine 

ユニットのお相手は歌手・作詞家・女優の森若香織さん。

元「GO-BANG'S」のボーカルの方ですね。

『あいにきてI・NEED・YOU!』とか、懐かしい~catface

 
そんな森若さんと留美さんのユニット、素敵すぎます。

そうそう、7月23日にはなんと初ライブもありますnotes

 

「魔性姉妹プロジェクト2011」~SHELTER 20th ANNIVERSARY~

2011年7月23日(土) 東京都・下北沢SHELTER
OPEN 18:00 / START 19:00
<出演者>
魔性姉妹(森若香織 / 宍戸留美)
音楽:HONDALADY
衣装:上原久美子(Baby, The Stars Shine Bright)
   三つ葉(ALICE and the PIRATES)
物語:嶽本野ばら
イラスト:児嶋都
 

スゴイメンバーですよ!

コエはイラストの小嶋都さんと物語の嶽本野ばらさんが以前から大ファンheart04

きっと素敵なライブになることでしょう。

お時間のあるかたは是非足を運んでください!

 

が、完売間近らしいのでご予約・チケット購入はお早めにどうぞ。

SHELTER、ローソン、e+で発売ちうですよ~。

  

ほかにも、

7月15日(金)にはUstream番組「Oil in Life」に出演、

7月上旬には魔性姉妹としての楽曲(タイトル未定)が音楽配信サイトMajixからリリースされますnote

 

詳しくはナタリーニュースに…
http://natalie.mu/music/news/51934

今後の活動はこちらでも随時アップされます↓

魔性姉妹HP

 

今後の活動も目が離せないですねhappy02

2011年6月27日 (月)

滔々と、さらさらと【水城ゆう出演情報】

ども、コエです。

 

コエキカクに、そしてコエのロードクになくてはならない存在、

水城ゆうさんの出演情報です。

 

朗読劇「レクイエム・幻のエレンディラ」

日時 2011年7月22日(金) 19:00開演
場所 IMYホール(名古屋・千種)
料金 2,500円

原作=ガルシア・マルケス
訳=加藤登
構成・演出=深澤伸友
出演 ピアノ 水城ゆう   
朗読  榊原忠美、可児良友、樋口大介、柴田真祐  

 

名古屋の劇団クセックACTによる加藤登氏追悼公演です。

加藤登氏は「エレンディラ」の訳者(原作はG・マルケス)であり、

この上演台本をもとに企画されたものの、昨年2月にメキシコ・シティにて亡くなられました。

彼が帰国していたら演出していたであろう作品「エレンディラ」を

今回、実弟である加藤明氏の音響と制作により、朗読劇という形で追悼公演が決まりました。

水城さんは音楽・ピアノ演奏で参加されます。

 

名古屋近郊の方はぜひ行ってみてください。

骨太な、そして独特の舞台の美しさに魅了されます。

 

劇団クセックACTのウェブサイトから予約申し込みができます。

 

多彩な水城ゆうさんの様々な活動はブログでも報告があるはずですよwink

水城ゆうブログ「水の反映」…http://juicylab.blogspot.com/

2011年6月13日 (月)

【出演情報】ルンルンライブ♫

ども、コエです。

 

今回、とても可愛い妹分をお二人も連れてきてくれた

宍戸留美さんのライブが間もなくありますよnotes

  

宍戸留美レコ発ワンマンライブ

「CHERBOURG→BRIGHTON 〜シェルブールブライトン〜」

2011年6月15日(水) 東京・下北沢440

OPEN 19:00 / START 19:30

前売 3500円 / 当日 4000円

(1ドリンク代別途必要・整理番号付・自由・税込)

チケット販売/サンライズオンライン、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、

        下北沢440 03-3422-9440(店頭販売)

問い合わせ/サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

 

5月11日にリリースされたCD「CHERBOURG→BRIGHTON 〜シェルブールブライトン〜」の記念ライブです。

なんと、この日はバンド編成でのライブだそう。

デビュー21年目の宍戸留美さん、

また新たな世界が拓くのではないかなあ。

 

是非お見逃しなく!

 

ちなみに、このCDに収録されている「ライオンと休暇」という曲。

留美さん曰く「風でカーテンが揺れているようなイメージ」のボサノヴァですが、

先週土曜日(そう、コエキカクロードクイベントの前日です!)、

アップルストア心斎橋ではこの曲の音楽PVを生編集で、

しかも2時間で作っていたんですよ!

映像素材も、当日iPhoneで撮影したものですからねえ…すごいなぁ…lovely

  

「iPhoneで撮影&PV生編集トークナイト」アップロードされたPVはコチラmovie

http://www.youtube.com/watch?v=iJaX6Q2eXR0&feature=youtube_gdata_player

 

どちらもオススメですよshine

 

宍戸留美オフィシャルブログ…http://ameblo.jp/sundaliru/

2011年6月 3日 (金)

ウノサンノコト

ども、コエです。

 

チラシ表記の出演者の中で、

いつ書くのか、はらはらされている方もいる気もしますが…ようやく!?

 

前回のコエキカクで、あまりの飛び道具具合にコエも度肝を抜いた

宇野伸茂さんのコトを少しばかり。

 

Unosann役者です。

男前です!いやホントに!!

 

日々、演じることを考えているんだと思います。

メールでも、お会いしたときも、

必ずいろんな提案をしてくださります。

 

それがちゃんと面白いから、コエキカクとしては困ります(笑)

だって、その面白さをちゃんとお客さんに見せたいから

どうすればきちんと見てもらえるのか…

まあ、勿論嬉しい悩み、贅沢な悩みなのですが。

 

いい役者さんなので、その場その場の瞬発力も備えていらっしゃいます。

本番はかなり面白いことになりそうで、今からワクワクしていますlovely

勿論、事前に沢山考えて下っているからこそだと思うのですが。

 

さあて、どれだけ暴れてくれるのか?

それは勿論!

6月12日に皆様の目で耳で確かめてください。

ハズレはないですからねshine

 

宇野伸茂ブログ「ウノ0312」…http://uno-ixblog.seesaa.net/

2011年5月24日 (火)

こんぐらちゅえいしょん、るんるん♪

ども、コエです。

 

今年はるんるんこと、宍戸留美さんのデビュー21周年!

 

年を重ねられるって素敵なこと。

経験が増えて、人情や機微が少しずつわかって

失敗も反省も後悔も沢山増えて積み重なるけど

それでも重ねられるものがあるのはきっと佳きこと、

きっと手の中にはそれ以上のものが見つけられる筈だから。

最近そう思います。

言い聞かせているというかcoldsweats01

 

そんな訳で不束者のコエですが、改めて。

 

留美さん、おめでとうbirthday

 

留美さんは前回のコエキカクにも出演してくれました。

石田アキラさんを通して知り合って

東京を拠点に活動されているのに、フットワーク軽く出演してもらい、

初めて直接お会いしたイベント本番では

その華奢な姿と素敵な声にキュン死しそうになっていたコエlovely

 

その後、

「日刊サイゾー」宍戸留美×小明×Voice Artist【声優 on FINDER!】に

インタビュー出演&留美さんにセクシー写真撮影をしてもらってうひゃあと舞い上がったり、

宍戸留美・妹オーディションの様子も少し拝見したり、

声優として出演しているアニメを見たり、

音楽ライブを聴きに行ってうっとりしたり…

まあ要するに、一ファンでもありますcatface

 

仕事に対する真摯な姿勢と

人への接し方、本当の強さと優しさを知るにつけ、

わが身を振り返り、気を引き締めさせてくれます。

いやホント、コエは自分の粗忽さに恥じ入るばかりですよsweat01

  

その上、今回のチラシでの写真の振り切り具合!!

そんじょそこらのアーティストとは気構えが違います。

  

今回も是非!とお願いしたら即快諾のお返事heart04

これはなんとしても、いいイベントにしなければと張り切っています。

 

是非皆様、「生」留美さんのキュートさも味わいに来てくださいねshine

 

そうそう、留美さんの現在の声優レギュラー番組は

tvNHK教育テレビ「はなかっぱ」月曜~金曜7時15分~25分・17時30分~40分放送
  (はなかっぱくんの同級生でみんなのアイドル、ももかっぱ役)
tvMBS、TBS他「Dororonえん魔くん メ~ラめら」(ツトム役/艶靡ちゃん役)
tvテレビ大阪他「ジュエルペット」日曜9時30分~10時(ダイアナ役/ルナ役)

 

ほぼ毎日留美さんの声がきけますよhappy02

 

karaoke音楽司会番組もあります。宍戸留美x津田大介「Oil in Life」

 こちらはUSTREAM放送なので、詳しい情報はブログやツイッターをチェック!

 

宍戸留美ブログ…http://ameblo.jp/sundaliru/

2011年5月23日 (月)

熱き米のヒト

ども、コエです。

今日は桂米紫さんの寄席に行ってきました!

 

米紫さんは、その名のとおり桂米朝一門、桂塩鯛師匠の一番弟子、熱き噺家です。

噺家、いわゆる落語家さんではありますが、座ってただ喋るだけでなく

表情は勿論、身振り仕草の大きいこと、

流れ出る汗にも構わず、全身を使って力強く語り続けるその姿に

会場内は一気に暑く…いやいや、熱くなっていきます。

 

マクラからもうその勢いに呑まれて巻き込まれ、

気づくと噺の中にも引き込まれて

はらはらどきどきくすくすげらげらと大笑いしているのです。

おかげで帰り道はいつも気分すっきり。

思いっきり笑うって、体にいいですよねflair

 

米紫さんとの出会いはかなり前…そう、コエがまだ声の新人だった頃。

ある日、某所でイベント司会をしていたときに

呼ばれてきていた落語家さんの一人でした。

ちなみにその時は「米紫さん」も「都んぼさん」でしたcatface

 

そのときは簡単な打ち合わせの後に世間話をして、

割と年齢が近いこともあって何となく話しやすく、

しかも興味はあれど未体験の落語会へのきっかけが出来たのをこれ幸い

「落語会出るときは案内ください!」

と連絡先を交換したのでした。

 

その後、落語会の案内をもらい、

時間が合えば出来るだけ行くようになり、

落語の楽しさと奥深さを知ることが出来ました、コエ。

 

おかげで大抵の噺は米紫さんの話し方で聴くのが一番しっくりします。

何しろ、ほとんどの噺を米紫さんで最初に聴いてますからねぇ…catface

 

落語に対する情熱と気概はお会いするたびにこちらに伝わってきます。

真面目で面白くてちょっとアウトサイダー。

なんとなくアングラなコエは勝手に仲間意識を感じています。

 

昨年、桂米紫の名を襲名し、

普段から精力的にあちこちで落語会に参加・企画していたのに

ますます忙しくなっているだろうなぁ…と思いつつ、ダメ元で

「一緒にやりませんか?」とい聞いてみたらokのお返事が!

 

…これで2回目が出来る!と小躍りしたコエでしたhappy02

 

念願の共演です。

勿論、米紫さんの一人朗読もありますよ。

ぜひみにきてください!

2011年5月17日 (火)

別嬪さんのコト

ども、コエです。

しばらくご無沙汰してしまいましたcoldsweats01

 

ただいま細々とチラシを直接手渡ししたり、送ったり、

お店に置いてもらったりしています。

 

今回もちょっと凝ったチラシなので、

出来れば沢山の方に手にとってほしいです。

そして出来ればみにきてください!

 

さて、今回は出演者の染谷有香さんについて少しご紹介。

 

ちっちゃくて、細くて、なにより別嬪。

黙ってきりっとしていると、かっこいい美人さん。

でもお笑いも大好きで、笑顔もキュート。

 

仕事への取り組み方はとても真剣。

真剣すぎて、たまに舞台が終わると寝込んでしまうことも…

普段からいい仕事してるんだから、あまり無茶しないでsweat01

心配してしまうことも…coldsweats02

 

前回に引き続き、コエキカクロードクイベントに参加してもらうのですが、

なにより嬉しかったのは、お願いしたとき、

ほぼ即答でオッケーと言ってくれたこと。

コエキカクを面白がって出てくれる、というのが有難く、

それだけで惚れてしまいそうになりますheart02

 

染谷さんには今回、いろんな「労読」をやってもらおうと企画中。

他の出演者と読むものもあれば

ちょっと変わった、一人きり(?)の朗読もお願いしています。

前回より出番があり、いろんな染谷さんが見られるので、

ファンの方は是非みにきてくださいねcatface

 

ではでは、ご予約・ご来場をお待ちしていますshine

 

Someyan 

染谷有香ブログ「Cheery Web」

http://cheeryweb.exblog.jp/

 

写真で見ても可愛いですが、

実物はもっと素敵ですよlovely

2011年4月30日 (土)

オトノヒト

ども、コエです。

 

ゴールデンウィークですが、皆様如何お過ごしでしょうか?

コエはソワソワしています。

なぜなら、チラシがこの期間中に出来るからです。

 

早く見たい、見せたい。

早くいろんな人に手渡したい。

そわそわ。

早く届かないかな。 

どうも気がそぞろです。

 

それはさておき。

今回も出演者のコト書きます。

 

コエキカクのみならず、コエがロードクをするときには

必要不可欠な方、水城ゆうさん。

 

同名の女優さんがいらっしゃいますが(笑)

こちらの水城さんは一見ダンディなおじさまです。

 

一見、というのは、喋るととても面白い方だから。

真面目な話もエロも網羅していらっしゃいますcatface

 

肩書きは小説家、音楽家、朗読演出家などなど。

 

小説はデビュー作のSF小説から始まり、

ジャンルはさまざま、発表媒体も紙・ネット問わず。

今は水色文庫という、朗読に関して著作使用権を開放したものを

ネットにアップしています。

水色文庫…http://mizro.blogspot.com/

 

音楽家としては作曲、ピアノ演奏、即興演奏もこなしますshine

前回のコエキカクでもほとんどすべての音楽を生演奏で、

しかも半分以上は、当日会場に来てからお願いしたにもかかわらず

作ったり奏でてもらいました。

…ホントに、この方がいなかったら成り立ちませんsweat01

 

東京・世田谷の築70年以上の古民家を拠点に

さまざまなイベントを行いながら、

NPO法人現代朗読協会代表としても活動。

朗読演出家として、若手、或いはそれまで朗読をしたことがなかった人にも

その人個人に合った方法を一緒に探りながら読ませてくれる稀有な方です。

 

要するに、懐が広い。

 

その一言に尽きるのかなと。

 

今回のコエキカクでも、コエは水城さんの小説を各回1作読む予定ですbook

音楽ももちろん水城さんの生演奏note

YouTube映像「YouBunko」のライブバージョンというべきかな。

ちなみにこれ↑、事前打ち合わせはほとんどナシ。

つまり、読み手と演奏者のガチンコセッションなのです。

さて、どうなることか。

当日をお楽しみにnotes

 

Yuumizuki水城ゆうblog…http://juicylab.blogspot.com/

水城ゆうtwitter…http://twitter.com/#!/YuuMizuki

現代朗読協会…http://www.roudoku.org/

 

写真は以前コエも出演した朗読イベントで撮影したもの。

後姿が哀愁を醸し出して…る?

2011年4月27日 (水)

頼もしいのです!

ども、コエです。

今回は出演者のコトをば。

 

アイウエオ順でも、そうでなくても

コエキカクには欠かせない方、石田アキラさんhappy02

 

前回のコエキカクでも

夜の部のほとんどの朗読作品を書いてくださりpencil

予告映像もばしばし撮ってくださりmovie

それをネットにアップし紹介してくださったり、

http://www.youtube.com/watch?v=eGQog4rxpYQ

http://www.youtube.com/watch?v=NtTvhh3W1Ts

いろんな方との縁も取り持ってくださっている

素敵な先輩ですshine 

 

コエと同じ大学の先輩で、

学生のときにもご挨拶はしていたのですが

こうして一緒にいろいろできるようになったのはここ数年のこと。

でもそれからずっとお世話になりっぱなしですsweat01

 

アキラさんの書く話はとてもフシギで、

設定が突飛だったり、キャラクターが弾けてたりするけれど、でもそれが変じゃない。

いや、変なんですけど無理やり作ってないからちゃんと楽しめるんです。

しかもちょっと切なかったり、毒がちらりと見え隠れしたり。

それがアキラさんの魅力であり、作品の魅力でもあります。

  

映像も素敵で、一人でほとんどのことをこなしながら

ぐるんぐるんと手持ちカメラを駆使し、独特の世界を描いてみせてくれます。

 

…書いてて改めて有難が身にしみてきました…

本当にいつもありがとうございますcatface

 

今回のコエキカク「一日一善!!労読組合」も前回の作品に加え、アキラさんの新作が!

しかも前回読んだ作品も、出演者に合わせてちゃんと最新版になっています。

 

面白いホンに面白い出演者、

さあ、どんなイベントになるのか。

いまから本当に楽しみですnote

 

…いや、楽しみに待ってるだけじゃなくて、準備しないと!

 

あ、石田アキラさんのブログはこちらです↓

A.I.FILMs通信…http://blog.livedoor.jp/aifilms/

Photo

2011年4月25日 (月)

コエのコト

アナログ人間、と言い訳するコエです。

のっけからすみません。

 

ブログ作成になかなか踏み切れず、

mixiは招待状の期限が切れた頃に発見、

twitterも読むだけ、

フェイスブックはプロフィールを登録するのにまごまごしている有様です。

 

それでも今回ばかりは

事前にお知らせできること

お伝えしたいことなどを書こうと思います。

ただ、清水の舞台からとびおりるくらいの意気込みってどうなんでしょう…(;´д`)トホホ…

 

ともあれ。

まずはコエのコトを少し。

 

ナレーターです。

コエを使って仕事をしていて、

コエをちゃんと使いたいと思っているから「コエ」と名乗ります。

 

実家近辺では一時期女優説が流れて驚愕しました。

…違うよ、コエのヒトだよ

と心の中でツッコミつつ。 

なかなかうまく説明出来ていません。

 

和服、自己流ですが着ます。

ただし、「今日は何のコスプレ?」と聞かれます。

ゴスロリっぽいものも着る所以だと思いますが…

  

あ、件のチラシ、

ゴールデンウィーク中には出来そうです。

ちょっと、いやかなりギリギりになりますが

よいチラシだと思うので、ぜひ手に入れてください。

 

…あんまり自己紹介になっていないですね…

ま、おいおいということで

 

よろしくお願いします(人><。)